洗車のに使用したトヨタのヴィッツ

今回洗車をするに当たりモデルとなった我が家のサブカートヨタのヴィッツです。

ヴィッツ(Vits)は1999年の1月にデビューしたコンパクトファミリーカーです。日本車の中でもっとも有名なカローラ同様にベーシックコンセプトの元、使い勝手・環境性能・コストパフォーマンス・デザインなど様々な面において日本人の標準となるべくデビューしました。初心者や運転の苦手な女性でもカンタンに運転でき、低価格ということからそのシェアは数年で一気に広がり、自動車販売台数のトップになるなど様々な功績を残した車です。我が家でも日常の足として大活躍です。

この車は5ナンバーなので洗車時間は比較的短く済みます。ワンボックスや大型セダンなどの3ナンバーサイズの車になると車体はもとより各パーツ自体も大きくなるので洗車時間は長くなります。但し、パーツが大きいことで洗車時間は長くなるものの作業は簡単です。というのもタイヤやホイールバンパーなどの構成部品自体が大きいので軽自動車のように細かい部分を洗うという作業が少ないからです。

更にもちろんの事、カーシャンプーやワックス等といった洗車用具も大きい車ほど消費量は多くなり、カーシャンプー1本で洗車することができる回数も少なくなります。市販されているカーシャンプーには、その容量からおおよその洗車回数の目安が明記されていますが、軽自動車の場合はその2/3で済むと考えても大丈夫です。例えば1本で10回洗車できると明記されていれば、15回は洗車することができます。但しこの場合、稀釈するタイプのカーシャンプーならば原液や稀釈する水を少なく(つまり2/3)して使用するようにしてください。もちろん汚れが酷い時は普通車の目安で通常通り使用してもかまいません。(あくまで節約の為です)

今話題のクルマブログはこちら!→

ヴィッツ

今話題のクルマブログはこちら!→