洗車のまとめ

洗車は車をきれいにすることに他なりませんが、洗車の方法には多種多様なものがあります。今回は洗車機の特徴や洗車にかかる費用・時間などに着目して、洗車についてのさまざまなことをまとめてみたいと思います。

全自動洗車機はもっとも時間と費用を短縮できる方法です。ワックスまでかけても500円程度という費用面での手軽さに加えて、洗車時間が20分程度で終了するという速さ、何より洗車にかかる労力を大幅に減らしてくれる洗車方法です。気になるボディーのキズに関しても、最近の洗車機ならば手洗いとさほど変わりありません。

スプレー式洗車機は全自動洗車機と同じぐらいの費用ですが、丁寧に洗うことができます。汚れが特に気になる部分を重点的に洗ったり、全自動洗車機では届きづらい部分の汚れにも対応できます。ただし時間制限がありますので、うまく使わないとお金を損することになります。

手洗いはお金は余りかかりませんが、時間と労力はかかります。しかし丁寧に作業を行うことでどの洗車機よりもきれいに仕上がることでしょう。あまりお金をかけたくない方におすすめの方法です。

業者に洗車を依頼すると、専用の洗車器具を使って非常に丁寧に仕上げてくれます。ボディーの洗車のほかにもキズやへこみ、室内のクリーニングやエアコンの掃除なども行ってくれますので、お金をかけても徹底的にきれいにしたいという方にはおすすめの方法です。

洗車は自分で方法を工夫することでも、費やす時間やお金が変わってきます。自分でベストの方法を見つけられるように、洗車のたびに工夫してみてくださいね。

今話題のクルマブログはこちら!→

限られた時間で効率よく洗車

全自動洗車機では決められてコースを選ぶと、後は自動で洗ってくれます。もちろんかかる時間も常に一定で、汚れが激しくなければ手洗いと同じぐらいきれいに仕上がることでしょう。洗車において時間が問題になるのは、コイン洗車場にあるスプレー式洗車機です。コースを選んでお金を投入するのは全自動洗車機と同じですが、スプレーノズルを動かすのは人間です。しか時間制限の中で効率よく洗いあげねばなりません。今回は、洗車場にあるスプレー洗車機をいかにして効率よく使うか、を考えてみたいと思います。

一般的なスプレー洗車機であれば、大体5種類ぐらいのコースがあるかと思います。水のみのコースや水→洗剤→水(すすぎ)のコース、それから水と洗剤2回づつのコース、もちろんそれに液体ワックスがプラスされたコースもあることでしょう。

ワックスまで噴射されるコースでは、それまでの工程でしっかりと汚れを落とすことが肝心です。ほとんどのスプレー式洗車機には一時停止ボタンがあるはずですので、水流だけでは落ちない汚れを見つけたら、一度噴射を止めて、やわらかいスポンジなどで力をいれずにふき取るとよいでしょう。

水や洗剤などを最初にどこに吹き付けるかも重要です。基本的には屋根の中心あたりから吹き付けるのがベストです。汚れは水の流れに沿って車の下の方へと流れていくからです。

ワックスまでかけた場合には、液体ワックスを落とし過ぎないように柔らかい布で水をしみこませるように拭くのがベストです。窓を拭くときにはできるだけきれいな布を使用して、汚れが窓につかないようにしましょう。

今話題のクルマブログはこちら!→

今話題のクルマブログはこちら!→

Recent Entries

  1. 洗車のまとめ
  2. 限られた時間で効率よく洗車
  3. 全自動洗車機の種類
  4. 洗車後の愛車のお手入れ
  5. 近くの洗車業者を探したい
  6. おすすめの洗車方法
  7. 洗車場での役立つアレコレ
  8. 洗車機は車に傷がつく?
  9. 洗車をしてくれる業者って?
  10. 手洗い洗車とは
  11. 雨ジミ・ガラスのウロコ対策
  12. シュアラスターハイブリッドクロス(鏡面仕上げクロス)
  13. カーシャンプー:アリストクラス
  14. コイン洗車場を利用しましょう。
  15. 洗車の考え方
  16. 当サイトについて
  17. 洗車のに使用したトヨタのヴィッツ
  18. 洗車の手順1(画像有)
  19. 洗車の手順2(画像有)
  20. 洗車の手順3(画像有)
  21. 洗車の手順4(画像有)
  22. 洗車の手順5(画像有)
  23. 洗車の手順6(画像有)
  24. 洗車の手順7(画像有)
  25. 洗車業者 信越・北陸
  26. 洗車業者 中国・四国
  27. 洗車業者 九州・沖縄
  28. 洗車業者 近畿
  29. 洗車業者 東北
  30. 洗車業者 関東 その2
  31. 洗車業者 関東 その1
  32. 洗車業者 北海道・東北地方

スポンサードリンク